Return to site

《七》ヤマト - 7.Musubi -

自らの意志で荒波に打ち克つ

 ヤマトは日本国の古称「大和」「倭」の呼び名である。このカードのモデルは「日本武尊(ヤマトタケルノミコト)」で神話上の英雄として有名。光る剣を右手に、左手に兎を抱え守る。兎は日本女性のシンボル。守られていることに満たされた兎の表情と、雄々しいヤマトの姿は、荒波の中にあっても、すでに勝算があることを感じさせる。「ますらお」とでも言うべきか。勇ましさと勝利と出世の象徴。

 龍の変容前の姿として「登竜門」の語源で知られる鯉は、大きな飛躍と成長を暗示。胸にある八咫烏の意匠はリーダーであることを意味する。西洋タロットの「戦車」のカードに相当。波に見え隠れしている車輪は戦車の車輪でもあり、『拾・コノハナ』の運命の「輪」とのつながりも表す。幸運の『コノハナ』は、ヤマトの覚悟に裏付けられている。まさに今、決断の時。ここでリスクを負う覚悟なければ、コノハナの幸運にはつながらない。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly